チェックについてのよくあるご質問

チェックの結果について違和感がございましたら、
一度、下記の内容をご確認お願いいたします。

 

Q:不合格のはずの医薬品が合格になっている

[設定]→[初期設定]から「薬価判断」をご確認ください。
有効になっている場合、設定された薬価未満の医薬品は合格になります。

サポートブログ 薬価判断

 

Q:自動更新中に緑色のバーがストップして更新できない

マカフィーの「リアルタイムスキャン」によりブロックされている可能性が高いと思われます。
Cドライブの中の「RCF」フォルダ内の
・Receipt.exe
・Updchk.exe
を下記のリンクを参照して「リアルタイムスキャン」の[除外設定]へ追加をお願いします。

特定のファイルまたはフォルダをスキャン対象から除外する方法

 

Q:上記の[除外設定]へファイルを追加できない

ファイルの破損が考えられます。
PC再起動後、手動更新をお願いします。
手動更新後、マカフィーの設定をお願いします。

 

Q:ORCAに接続できない

「ORCAデータベースに接続できません」と表示される場合
ORCAのデータベースである postgreSQL の設定ファイルに原因がある
可能性が高いと思われます。
下記のファイルのご確認、設定をお願いいたします。

(1) postgresql.conf の記述変更(ファイルの60行目くらい)
#listen_addresses =‘localhost’ → listen_addresses = ‘*’
(2) pg_hba.conf の追記または修正(ファイルの一番下くらい)
例としまして、
#TYPE DATABASE USER ADDRESS METHOD
host all all 192.168.1.0/24 trust

※ADDRESS のIPアドレスにFUGAをお使いのIPアドレスを追加ください。
※ADDRESSは、お客様のネットワーク環境に合わせて設定変更する必要がございます。
※METHODは、trust か password でお願いします

postgreSQLの設定は以上になります。
設定ファイルの変更後は、postgreSQLの再起動をお願いします。

上記を確認いただき、それでも問題が改善しない場合
下記に原因がある場合もございます。

ORCAのデータベースへアクセスするユーザーIDやパスワードが初期設定と相違している可能性が考えられます。
(FUGAの初期値:ユーザーID=orca、パスワード=orca)

その場合は、
(1)起動画面から「設定」をクリックします。
(2)Ctlキーを押しながら「初期設定」をクリックします。
(3)「日医標準レせプトソフト」の2段下にある「変更」をクリックするとユーザーIDやパスワードが変更できますので、変更します。
(4)「閉じる」をクリックします。
(5)レセプトチェッカーFUGAを再起動します。

 

Q:新しいPCへ新規インストールして、データ移行をしたい

1.新規インストール方法

下記URLより新規インストール用の Install.exe をダウンロードの上
実行して、インストールしてください。
https://receipt-checker.jp/data/RCF/Install.exe

Install.exeを実行するとセットアップウィザードの画面が表示されますので
画面の案内にそって進めてください。

また、下記URLよりインストールマニュアルをご参照いただけます。
http://www.receipt-checker.jp/data/rcf_install_manual.pdf

2.学習データ移行方法

古いPCのCドライブの中の「RCF」フォルダ内から
・RC.FDB(適応症等の学習データ)
・user.ini(設定ファイル)
の2つのファイルをUSBメモリ等にコピーしてください。

上記ファイルを新しいPCのCドライブの中の「RCF」フォルダの中へ
上書きコピーで書き換えてください。

 

Q:レセプト摘要欄のコメントコード漏れのチェックはできますか?

レセプト摘要欄のコメントコード漏れのチェックは「システムVer1.3.0 build:022 」以降から対応しました。

下記の操作をお願いいたします。

1.自動更新または手動更新にて最新のバージョンに更新してください

2.起動時画面→「設定」→「初期設定」→「レセプトチェック設定」→「レセプトチェック機能設定」画面の
「レセプト摘要欄コメントをチェックする」にチェックしてください

3.「レセプトチェック」をしてください。コメントコード漏れがある場合には、不合格となります。

また、「詳細画面」では、適切なコメントを表示することもできます。
不合格患者の「詳細」画面の赤文字で表示された行の「HIT」欄をダブルクリックすると該当診療行為に必要なコメントが表示されます。

グループリストでは、摘要欄コメントコード漏れの場合、菱形が表記されます。
詳しくは下記のリリースノートをご覧ください。
https://receipt-checker.jp/rcf/RN-S75.pdf

対象となる診療行為は下記の「レセプト摘要欄コメント一覧」をご参照ください。

Ver 1.3.0 build:022_075 マスター更新内容